建学の理念

「地の塩、世の光」となる人材の育成

「地の塩、世の光」という言葉は、『マタイ福音書』第5章にある、有名な「山上の説教」における以下の一節からとられています。

「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」

「地の塩、世の光」となる人材の育成

本校では、
地の塩のように、「社会の中で役立つ人間」
世の光のように、「この世を照らし、輝く人間」の育成を目指しています。

「愛と正義と責任ある自由」の醸成

隣人を自分のことのように愛すること、不正には果敢にいどむ正義感、そして、単なる自由ではなく、責任を伴った自由、これらは、カトリックの教えです。このような教えが徹底すれば、世界人類の平和がもたらされます。人類悲願の目標に向けて愛と正義と責任ある自由を貫く、そのような人になってほしい、という願いで、創立されたのが光泉中学・高等学校です。

「愛と正義と責任ある自由」の醸成


ページトップ