高校

  1. 光泉中学校・高等学校
  2. 高校
  3. I類 文理(進学)

I類 文理(進学)

コース紹介

 3年間、部活動を続けながら、日ごろの授業をとおして基本的な学力を身につけるコースです。
 希望進路実現に向けて、落ち着いた学習環境で、学習習慣を確立し必要な学力を習得します。
 基礎・基本の内容をくり返して、「できる」という気持ちを育て、自分でやってみるという心を育みます。

カリキュラム(教育課程)

 土曜授業(第2土曜は除く)を行っており、週35時間授業のカリキュラムです。
 2年生で、文系・理系に分かれます。英国社(文系)や英数理(理系)の3教科型の教科選択に適しています。

※ 表をクリックすると拡大します

学校生活 一日の流れ

※ 表をクリックすると拡大します

部活動

※ 表をクリックすると拡大します

在校生インタビュー
硬式野球部所属
2年 富岡優斗君

(草津市立玉川中出身)
勉強と部活を両立させ、将来は、人の役に立てる仕事につく。

 幼いときから始めた硬式野球ですが、ずっとピッチャーを続けています。ハイレベルな野球がしたくて光泉に入学しました。2年に進級して初の公式戦となった「春季大会」で、先輩たちは、なんと優勝までのぼり詰めました。
 球場で歓喜する先輩たちや観客席で応援される皆さんの姿を目の当たりにして、「僕も早く試合に出たい。チームメイトから頼られるピッチャーになりたい。」という強い気持ちを抱きました。
 私は、将来、人の役に立てる仕事につきたいと考えています。消防士として社会貢献できる自分を想像したり、自動車の整備士として安全な車であふれる社会に貢献する自分を想像したりと、まだ、進むべき自分の道を、いろいろと模索中です。
 どんな道でも自分で切り拓けるよう、勉強はもちろん、仕事に関する情報収集をして備えようと考えています。部活動も、悔いが残らないよう全力投球で臨みます。

学習への取り組み

 生徒一人ひとりの意志を尊重し、希望進路実現のために、次のような取り組みで生徒の学力向上をサポートしています。

※ 表をクリックすると拡大します

学力アップ対策希望受講制
  • 特別講習(進学に向けた学力アップを図るための講座)
    • 放課後に実施します。
    • 選択可能な講座は、右の表のとおりです。
    • 高1の特別講習は、2学期からスタートします。
  • 高1・高2・高3夏期講習(実力アップ講座、夏休み)
  • 高1・高2冬期講習(実力アップ講座、冬休み)
  • 高1勉強合宿(実力アップ講座、夏休み)
  • 高3:センター対策、私大対策、国公立二次対策(12月~)
弱点補強対策
  • 補充授業(定期考査前の授業形式の勉強会)、個別面談
  • 勉強会(定期考査前に部活単位で行う勉強会。学習面で助け合いながら定期考査に備えます。)

希望進路の実現

 進路指導の基本的な考え方は、「将来をみつめ、進路を見つける努力を続けさせること」です。
 将来の職業・夢を見すえて希望進路を定めるよう指導しています。

※ 表をクリックすると拡大します

2016 卒業生の合格体験記

同志社大学 経済学部 合格
今井健一朗君
(光泉中学校出身)

 私は、アイスホッケー部で、毎日、厳しい練習を積み重ね、本当に充実した3年間を過ごすことができました。一般試験で臨んだ第1志望の大学でしたが、受験に際して大切だと思ったことを書き記したいと思います。
 私が感じた受験に必要なもの、それは、「十分な準備」と「平常心」です。受験前は、難しい問題がでたらどうしよう、何から始めたらいいんだろうと、不安ばかりでしたが、中学校からお世話になっていた先生に相談し、過去問を徹底的に解いてみることにしました。間違った問題も、どうしたら正解を導けるのか、納得いくまで繰り返し解いていると、問題の傾向を感じるようになりました。そこからは、経済に関する情報収集と、英語で表現する方法の反復練習に終始しました。気がつくと、自信のようなものすら感じられるまでになっていました。自分なりにリラックスできていたと思います。プレッシャーに負けない強い心は、十分な準備からくるものだと実感できました。
 勉強と部活動の両立は、精神的にも、フィジカルも大変ですが、納得のいく結果を求めて、皆さんも進んでいってください。


ページトップ