中学校

教育の特長

光泉の学び 3つの柱

※STEAM(スティーム)教育
S(科学)、T(技術)、E(工学)、A(芸術)、M(数学)の5つの分野の教育を横断的に学び、応用して想像力や、創造的な方法で問題解決ができる人材育成に力を入れる教育方針。
2013年に、アメリカのオバマ大統領が、国家戦略として取りあげました。日本では、文部科学省を含む政府のもと、IT技術の発展や交通手段の発達、グローバル化と合わせ、AIやIoTが急速に発達する現代社会で生き抜く力を身につけ、必要とされる人材を育てることを重要視して推進されています。

光泉だけの教育方針 STEAMER=STEAM+ER

未来を切り拓く力

「STEAMER(スティーマー)」は、STEAM教育(科学・技術・工学・芸術・数学)にE(英語)と、R(探究)をプラスした、光泉カトリック中学校だけの教育方針。複雑な世界で生き抜くには、知識だけでなくコミュニケーションの手段、発想やマインドも必要。万全なSTEAM教育で、幅広い分野の知識・教養の基礎を身につけたうえで、英語の力で、他の文化で暮らす人々を理解するとともに、自分が伝えようとすることを、グローバルなステージで表現できる力を養います。また、体験主体の探究活動を通じて、問題解決に必要な着想力や、チャレンジ精神も養います。光泉カトリック中学校では「STEAMER」の方針のもと「知識+コミュニケーション力+ひらめき・チャレンジマインド」を、3年間でトータルに開発します。

STEAMERを通して、人格を高める

光泉カトリック中学校では、STEAMERによる「知識・英語・態度」を育成する原動力になる人間力として大切な要素を5つ定義し、それぞれの要素が、教育内容や行事に、きちんと盛り込まれているかを検討してから実行しています。そのなかでも、「コミュニケーション力」「人間性」は、隣人を思いやる愛が基盤となるもので、カトリック学校の教育で育てることのできる、人間としてのたいせつな力です。

教育の特長