高校

  1. 光泉中学校・高等学校
  2. 高校
  3. II類 文理(特進)

II類 文理(特進)

コース紹介

 国公立大学や、関関同立などの難関私立大学への進学を目指すコースです。
 時間や選択科目の自由度が高く、自分で高校生活を組み立てて充実させることができます。部活動、生徒会活動などを3年間続けるなかで、リーダーシップや豊かな創造力、バランス感覚を発揮し、協調性や問題解決能力をお互いに高めます。

カリキュラム(教育課程)

 土曜授業(第2土曜は除く)を行っており、週35時間授業のカリキュラムです。
 2年生で、文系・理系に分かれます。私立大学などの受験向けに英国社(文系)や英数理(理系)の3教科型や、国公立大学受験向けに5教科型の選択が可能です。

※ 表をクリックすると拡大します

学校生活 一日の流れ

※ 表をクリックすると拡大します

部活動

※ 表をクリックすると拡大します

在校生インタビュー
サッカー部所属
1年 森本海斗君

(守山市立守山南中出身)
難しいことにも、積極的に取り組んでいきたい。

 光泉高校に入学して思うことは、先輩たちの勉強や部活動に対する姿勢が、本当に前向きだということです。
 放課後の特別講習は、1年生では2学期から始まりますが、2~3年生は、4月から既に始まっていて、特別講習の後で部活動をするという生活です。
 特別講習を終えてグラウンドに集まる先輩たちの姿をみて、来年はこういう時間の使い方をしなければならないんだと、身が引き締まる思いです。励まし合い、前向きな会話でグラウンドに向かう先輩たちの姿は、本当にすごいなぁと感心させられます。
 私の夢は、サッカー関係の仕事に就くことです。選手やトレーナー、サッカースクールのコーチ、学校の教師など関わり方はまだ決めていませんが、必ず叶えたいと思っています。
 先輩たちから話を聞いて、国公立大学や関関同立クラスの大学へ進学したいと思っています。どういう仕事につくのか、そのためにどの大学のどの学部へ進むか、サッカーにかけるエネルギーと同じくらいの力を注いで、自分にとって最高の道を見つけたいと思っています。

学習への取り組み

 行事や勉強でも、積極的な姿勢の生徒の育成に向けて、次のような取り組みで生徒の学力向上をサポートしています。
 授業では、的確な課題を与えて、学習習慣が身につくよう指導しています。また、学力に応じて授業のクラス分けを行っている科目もあります。一人ひとりの学力にあった講座授業で、学力アップを図ります。
 放課後の特別講習では、入試問題を使った演習をとおして応用力を身につけます。

※ 表をクリックすると拡大します

学力アップ対策希望受講制
  • 特別講習(進学に向けた学力アップを図るための講座)
    • 放課後に実施します。
    • 選択可能な講座は、右の表のとおりです。
    • 高1の特別講習は、2学期からスタートします。
  • 高1・高2・高3夏期講習(実力アップ講座、夏休み)
  • 高1・高2冬期講習(実力アップ講座、冬休み)
  • 高1勉強合宿(実力アップ講座、夏休み)
  • 高3:センター対策、私大対策、国公立二次対策(12月~)
弱点補強対策
  • 補充授業(定期考査前の授業形式の勉強会)、個別面談
  • 勉強会(定期考査前に部活単位で行う勉強会。学習面で助け合いながら定期考査に備えます)

希望進路の実現

 進路指導の基本的な考え方は、「将来をみつめ、進路を見つける努力を続けさせること」です。
 将来の職業・夢を見すえて希望進路を定めるよう指導しています。

※ 表をクリックすると拡大します

2016 卒業生の合格体験記

早稲田大学 商学部 合格
日盛将真君
(大津市立粟津中学校出身)

 私は、指定校推薦という入試制度を利用して早稲田大学に合格しました。
 硬式野球を部活動で3年間続けてきた私が、早稲田大学に合格するために努力したことを紹介します。
 まず、1つめは、授業に集中することです。単に、授業で寝ないということではなく、しっかりと先生の言われることを理解し、授業内容をその時間内で習得するように心がけました。
 2つめは、テストでは、どの科目でも100点を目指したことです。普段は、硬式野球の練習時間の確保のため、勉強の時間を十分に確保できませんでしたが、テストの1週間前になれば、部活の一環で約3時間の勉強会があり、かなり集中して勉強に取り組むことができました。自分でいかに時間を作り出せるか、それが大切だと思います。
 3つめは、自分の志望する大学、学部を調べ尽くすことです。自分の志望する学校の特色や、何が学べるかを詳しく知ることが大切です。志望理由書の記入時や、面接の対策にも直接、繋がります。
 自分を信じて、蓄えた100%の力を出し切れるよう、がんばってください。皆さんの努力を応援しています。


ページトップ