よくある質問

学校全般について

光泉高校とはどのような学校ですか?

昭和63年に開校した男女共学の学校です。
「地の塩・世の光」となる人材の育成、「愛と正義と責任ある自由」の醸成を建学の理念とし、
「カトリックの教えに基づく人格形成」、「学力の伸長による進路の保障」、「創造性豊かな国際人の育成」を教育目標とする学校です。

生徒の男女比はどれぐらいですか?

2015年5月1日現在、高校全校で男子691名、女子343名で、およその男女比は7:3です。

教育内容について

光泉高校にはどのようなコースがありますか?

志望と適性に応じて3つの類に分かれ、目標とする進路実現をめざしたカリキュラムを編成しています。

  • I類 文理(進学)

    3年間、部活動を続けながら、日ごろの授業をとおして基本的な学力を身につけるコースです。 
    希望進路実現に向けて、落ち着いた学習環境で、学習習慣を確立し必要な学力を習得します。
    基礎・基本の内容をくり返して、「できる」という気持ちを育て、自分でやってみるという心を育みます。
  • II類 文理(特進)

    国公立大学や、関関同立などの難関私立大学への進学を目指すコースです。
    時間や選択科目の自由度が高く、自分で高校生活を組み立てて充実させることができます。部活動、生徒会活動などを3年間続けるなかで、リーダーシップや豊かな創造力、バランス感覚を発揮し、協調性や問題解決能力をお互いに高めます。
  • III類(人文・理数)

    生徒同士で競い合い、また、お互いに学び合うことができる生徒に向けたコースです。
    ハイレベルな学習内容で授業を行い、充実した特別講習を自らが選び学習し、関心を持った学問を究めます。
    将来の夢実現のために、難関国公立大学、難関私立大学を目指す生徒に向けた学習環境が整っています。

ハイレベルな指導で進路実現をサポートします。
入学時から人文・理数に分かれて、それぞれの目的となる学部をめざしたカリキュラムとなっています。

特別講習とは何ですか?

平日の通常授業終了後に実施される講習で、問題演習を中心にして学力の定着、深化をはかります。
I・II類は希望者のみの参加ですが、III類は原則として全員参加となります。

習熟度講座授業とは何ですか?

一部の教科については、通常のクラス単位ではなく習熟度別に講座を細分化して授業を行うことにより、
一人ひとりにあった授業内容で全員の学力定着をめざします。

進路実績について

国公立大学の合格実績はどのようになっていますか?

例年70名程度の国公立大学合格者があり、そのうち80~90%程度が現役の合格者です。
また、ここ数年は京都大学への複数名合格も続いており、国公立大学のなかでも難関といわれる大学への合格者数が多くなってきています。

全卒業生の進学先はどのようになっていますか?

例年、本校の卒業生のうち70~80%が国公立や私立の4年制大学に現役で進学しています。
それ以外の卒業生については、大半が短大や専門学校に進学しており、ほぼ全員に近い生徒が進学をしています。
近年の傾向としては、専門学校進学者の半数近くが看護系の学校へ進学しています。

学校生活は何時に始まるのですか?

朝のショートホームルーム(SHR)が8:30に始まり、その後8:45から授業が始まります。
ただし、III類については「朝の小テスト」を実施していますので、8:10までに登校する必要があります。

土曜日も授業があるのですか?

土曜日も午前中のみ通常授業を行っています。ただし、第2土曜日のみ休みです。

食堂はありますか?

300席の広い食堂が設置されており、豊富なメニューを廉価で用意しています。
また、併設のパン工房では、焼きたてのパンを販売しています。

宗教の時間はありますか?

週に一度、学年全員がチャペル(聖堂)などに集まり、聖書を読み、お祈りをし、神父様や校長先生などのお話を聞くスクールアワーという時間があります。

部活動について

III類でも部活動はできますか?

硬式野球、陸上競技、男子バレーボール、男子バスケットボール、男子テニス、ラグビーフットボール、アイスホッケーの各部については、特別講習などの授業時間と部活動の練習時間の両立が困難なため、入部することができません。それ以外の部活動については、III類でも入部することができます。

入試について

Ⅲ類をめざして受験しようと思いますが、合格するかどうか心配です。他の類を第二志望とすることはできますか?

出願時に第二・第三志望のコースを指定することができます。例えば、Ⅲ類理数を第一志望とし、Ⅱ類文理(特進)を第二志望、Ⅰ類文理(進学)を第三志望と指定した場合、入試得点が残念ながらⅢ類の合格ラインに到達できなかった場合でも、Ⅱ類の合格ラインに達していれば、Ⅱ類で合格となります。第二志望でのⅡ類の判定は、Ⅱ類を第一志望とする他の受験者と同じ基準での判定となります。
第一志望と第二・第三志望として指定できるコースのパターンは次のとおりです。

Ⅲ類 理数     → Ⅱ類 文理(特進) → Ⅰ類 文理(進学)
Ⅲ類 人文     → Ⅱ類 文理(特進) → Ⅰ類 文理(進学)
Ⅱ類 文理(特進) → Ⅰ類 文理(進学)

それぞれの志望に専願と併願を併用することはできません。第一志望が専願の場合は、第二・第三志望も専願の扱いとなり、第一志望が併願の場合は、第二・第三志望も併願の扱いとなります。

合格した類を変更できますか?(例:Ⅲ類で合格し、入学後にⅡ類に変更する)

入学時点で合格した類を変更することはできません。ただし、入学後に類の変更を希望した場合、希望類の定員に余裕があれば、成績や希望進路などを審査したうえで、2年生への進級時に若干名の変更を認めることがあります。

Ⅲ類理数に合格したのですが、Ⅲ類人文にコース変更することはできますか?

入学時点での変更はできませんが、入学後に希望すれば、進路相談などを十分におこなったうえで、2年生への進級時に人文・理数のコースを変更することができます。

お問い合わせ

上記のQ&Aに質問したい項目がないので、メールで問い合わせを行いたいのですが。

質問や不明な点は下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

>お問い合わせはこちらから


ページトップ