高等学校

Ⅰ類 文理(進学)

個々に合った充実した学校生活 適性に合った進路実現

3年間、部活動を続けながら、日ごろの授業をとおして基本的な学力を身につけ、私立大学への進学を中心とした幅広い進路を実現。一人ひとりのめざす進路実現に向け、学習習慣を確立し、丁寧な指導で必要な学力を習得します。※CareerPathは公務員になることをめざします。

カリキュラム(教育課程) 2019年度入学者用

カリキュラム

学びのPOINT

時間割例

先生からのアドバイス

古澤 和樹 先生

教科:地歴公民科

勉強と部活動ともに充実した学校生活を

Ⅰ類には学業と部活動の両立をめざして、前向きに学校生活を送っている生徒がたくさん在籍しています。限られた時間のなかでどちらにおいても成果を出すために、まず50分間の授業に集中して取り組み、授業中に基本を理解する。そして、放課後は部活動に全力で取り組む。勉強と部活動、そして行事をがんばり、学校生活を充実させたい、という欲張りな生徒を、私たちも一生懸命サポートします。一緒にがんばりましょう。

在校生の声

2年 池元 杏哉 さん

(八幡西中学校出身)
ラグビーフットボール部所属

わからないところは丁寧に教えてくれる

僕はラグビー部に所属し、厳しい練習の毎日ですが、学業にもがんばって取り組んでいます。放課後は部活動に集中して取り組みたいので、授業時間を大切にして、とにかく集中して聞いています。それでも勉強でわからないことがあれば、丁寧に対応してくださる先生方もたくさんいて、授業後やテスト前に教えてもらっています。また、文化祭(光凜祭)や体育大会などの学校行事はとても盛りあがっていて、楽しい学校生活が送れています。

2年 上川 真穂 さん

(北大路中学校出身)
女子バスケットボール部所属

充実した進路学習で勉強する意識が高まる

光泉高校では、1年生のときから進路学習が多く、自分の進路について考える時間が多くあります。自分の将来のために、今自分が何をするべきかを考える時間が増えることで、勉強する意識も高まったと思います。また、所属しているバスケットボール部では同級生はもちろん、先輩・後輩との交流も深く、楽しく活動しています。いろいろな厳しい練習メニューも全員でやりとげ、仲間の大切さやスポーツをする楽しさも実感できています。

卒業生の声

東 裕介 さん

同志社大学文学部1年
(八幡中学校出身)
(男子バスケットボール部)

チャレンジできる最高の環境

光泉高校ではバスケットボール部でハードな練習の毎日でしたが、勉強にも力を入れていました。今振り返れば、光泉という環境のおかげで文武両道に励む姿勢ができました。大学に入学し、勉強の質も部活の取り組みも一段とレベルアップしましたが、何事にも一生懸命に取り組んでいます。失敗よりも、やらない後悔の方が大きいことを光泉で学びました。光泉では、まわりの仲間や先生方が必ずサポートしてくださるので、全力でチャレンジしてください。

希望進路の実現 (2018年度卒業生)